水分量をキープしよう

コップ一杯の水を習慣に

水は便秘に効果があるのか

便秘は腸の機能が低下して必要な栄養素を消化吸収できない状態ですので、肌荒れ・肥満体質・口臭・体臭の悪化などの原因になります。このため、薬を常用する人が多いようですが、朝起きたら最初の行動として「冷たいコップ1杯のカルシウムを含むミネラルウォーターをゆっくり飲むこと」を生活習慣にしてください。飲む量はコップ1杯で十分ですが、カルシウムは腸の働きを活発化させ便通改善につながりますので硬水がお勧めです。同時に朝食をきちんと取ることも重要です。胃腸に何も入っていないと効果が出ないばかりか、健康を害することにもなりかねません。良い水は健康の源泉であるという意識を持つことが大切です。

便秘になってしまうケースとは

便秘の解消にはまずその原因を理解する必要があります。その原因には生活習慣、ストレスなど色々ありますが、最も単純なケースで説明します。食物を摂取すると胃と小腸で消化吸収後、大腸に運ばれます。そして、腸管を通る時に液状だった物が吸収され直腸では固形物になりますが、食物繊維などは未消化のまま残っており、水分量が不足すれば食物繊維が膨張する事が出来ず、蠕動運動が不活発になり排便がスムーズに出来なくなります。この様な事を引き起こす原因としてはダイエットによる食事制限やむくみ解消、または寒い時には喉の渇きに気が付かず水分量が減少してしまう事がありますので、意識して摂取してみましょう。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 便秘には水と食物繊維 All rights reserved