SEOの事を学ぶサイト「学ぶSEO塾」

SEOの内部対策はコンテンツと内部リンク

SEOの内部対策はコンテンツと内部リンク

過去には、SEO対策で被リンクばかりクローズアップされた時期もありましたが、現在では、内部対策が重要になってきています。
2012年のペンギンアップデート以降、サイトの情報の充実やサイト内でのリンクが重要視されるようになり、2015年のパンダアップデートでは、コピーページに対するチェックが厳しくなっております。
そのため、サイトの内部対策には情報ページの充実と内部リンクの整備が求められます。
情報ページは、多くの情報ページを制作することが求められますが、似た内容のページを充実させてもコピーページ扱いされますので、異なった内容のページを充実させることが大切になります。
検索されるキーワードが明確になっているのでしたら、ページごとにターゲットキーワードに沿った情報を、不自然ではない文章で作成する必要があります。
また、内部リンクの整備においては、まず行き止まりのページ(どこへもリンクしていないページ)を作らないように工夫をする必要があります。
フレームで分けてメニューを常に表示するようにしたり、パンくずリストを設けてディレクトリに沿ったリンクを用意することは、ページを増やしてく際の手間を軽減することもできるため有用です。
また、特に強調したいページはより多くの内部ページとリンク関係を結ぶようにし、検索エンジンのクローラー(ページを閲覧するソフトウェア)の評価が上がるようにすることも大切です。

コンテンツSEOとは?

SEO(Search Engin Optimization=検索エンジン最適化)とは、利用者を増加させることなどを目的とし、ウェブページを検索し表示するプログラム、サービスなど(検索エンジン)において、ウェブページが上位に表示されるように施される対策のことを言い、検索エンジンの特性を利用するなどしたさまざまな方法があります。
その中でも特に、良い質のコンテンツを継続的に公開することによって自然に検索エンジンからのアクセス数を増やす方法をコンテンツSEOといいます。
この方法では、検索エンジンのウェブページのリンクを評価したりタイトルや見出しのキーワードを重要視するなどの特性を利用して行われる他のSEOにくらべ、コンテンツの質自体が上がり、一度行うだけでより確実に継続的な利用を増やすことが期待できます。
その他にも、この方法はコンテンツの質が良いために利用者が増えるという自然な流れによって行う本来の正しい手法に基づいたものであり、検索エンジンに大幅な改定があっても悪い影響を受けにくいなどの良い点が多いので、現在、ウェブページの製作現場などのSEOについて考えられるさまざまな場面で注目されています。

SEO関連リンクの紹介

HTTPヘッダー&リダイレクト先チェックツール

ヘッダーまるみえ君

無駄な時間と費用が一切かからない成果報酬型SEO

seo 成果報酬

$q." -rt","count" => 3,);//←※リツイートを除く。表示件数:3件。 echo "
\n"; echo "

『".$q."』 最新ツイート

\n\n"; $results = search($query); foreach ($results->statuses as $result) { echo "

\n" . "
\n

@" . $result->user->screen_name . "

\n" . "

" . $result->text . "

\n" . "

" . convert_to_fuzzy_time($result->created_at) . " - \n". date('Y年m月d日',strtotime($result->created_at)) . "

\n" . "
\n
\n
\n\n"; } echo "
\n\n"; ?>